スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
--/--/--(--)
スポンサー広告

便秘解消のサプリメント

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘が起こる原因は、食事のバランスや日常生活の乱れが主な原因だといわれています。
また、便秘で悩む人のおよそ9割は女性だといわれていますが、女性が便秘になりやすいのは、
女性ホルモンの影響もあるので、食生活などを改善しても、それがなかなか思うように便秘解消
にはつながらない場合があるのです。

最近では、便秘解消のためのサプリメントも数多く販売されています。サプリメントを上手く
利用することも便秘解消法として役立つかもしれません。
販売されているサプリメントに配合されている、一般的な成分を紹介します。

ビフィズス菌やオリゴ糖
善玉菌であるビフィズス菌が増えることによって、腸内環境が整い、便秘になりにくくて排泄
されやすい便が作られていきます。
また、善玉菌には腸のぜんどう運動そのものを活発にさせる働きもあります。
オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって、ビフィズス菌の増殖を助けて、腸内環境を整えます。
ビフィズス菌は体内で作られる事はありませんので、サプリメントでビフィズス菌を増やす事で、
便秘解消の効果が期待できるでしょう。

食物繊維(ファイバー)
食物繊維は、便の量を増やし、便を柔らかくするために大切です。
食物繊維が不足してしまうと、便が硬くなってしまうので、腸内で便が停滞したり、便を押し出す
ことが難しくなったりして便秘になってしまいます。
成人の一日あたりの食物繊維の必要量は20~25gといわれています。
食品からの摂取だけでは、なかなか一日の必要量を摂るのが難しいというような場合は、サプリメント
で必要量を補うことができれば理想的です。

この他にもビール酵母、キダチアロエやハーブ、シャンピニオンなどの成分を含む便秘解消のための
サプリメントも販売されています。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
2009/07/05(日)
便秘解消 コメント(0)

漢方医学と便秘

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

一般的に便秘とは、3日以上排便がない状態のことをさします。
でも便秘の起こる原因や、便秘の症状などは千差万別で人それぞれです。
西洋医学では、便秘の症状や原因によっては、下剤などの薬を使用して排便を
促すのが一般的です。
一方、漢方医学では、同じ便秘でも個々のそれぞれの体質や全身の状態、
そしてなぜ便が出ないのかなどの原因を考えて、漢方薬を選んでいきます。

漢方医学で考える便秘のタイプには、大きく分けて3タイプあります。
1.熱タイプの便秘
身体がいつも熱っぽくて赤ら顔、口の中が乾きやすい、口臭がある、おしっこの色が濃い、
冷たいものを好んで摂取する傾向のある人の便秘です。
このタイプの人には、三黄散(さんおうさん)というお通じを良くする漢方が使われます。
三黄散は、身体を冷やしたり、のぼせや赤ら顔、精神不安などにも効果があります。

2.寒タイプの便秘
寒がりで手足が冷たい人、時々腹痛があるが暖めるとよくなる、夜間に頻繁にトイレで
起きるという人の便秘です。
このタイプの人には、桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)という身体を
温める漢方を使います。

3.虚タイプの便秘
気持ちが沈みがちの人、体液の成分が不足する高齢者、顔色が悪い、頭がふらふらする
ような人に多い便秘です。
このタイプの人には(じゅんちょうとう)を使います。
潤腸湯はどちらかというと体力のない人、とくに高齢者の便秘によく使用されます。

上記の症状が色々と重なって、3つのタイプのどれにあてはまるのか分からない
という人には、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)がよく使われます。
ただし、冷え性の方は、大黄甘草湯で腹痛を起こす場合がありますので要注意です。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
2009/07/01(水)
便秘解消 コメント(0)

便秘に水分補給

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

日本人女性の約半分が便秘に悩んでいるといわれていますが、実に多くの人が
悩まされていますね。
便秘の原因として、食物繊維の不足、不規則な生活やストレス、運動不足等
色々と挙げられます。
でも、水分の不足もまた大きな原因のひとつになっていることは、意外と知られて
いないのではないでしょうか。

理想的な便というのは、その80%は水分だといわれています。
体内の水分が不足してしまえば、当然便も硬くなって、排泄されにくい状態になります。
それから、水は腸のぜん動運動を刺激して、スムーズな排便を促す役割も果たして
いるんです。食物繊維をたくさん摂ることが、便秘解消には効果的な事は知られていますが、
その食物繊維を膨らませるためにも、水分が必要となります。せっかくたくさん摂った食物繊維
をムダにしてしまわないように、食事と一緒に十分な水分も摂るように心がけたいです。

特に効果的なのは、朝起きたらすぐにコップ一杯の冷水を飲む事で、腸を刺激してくれます。
なかでもミネラルが豊富な硬水は、腸を刺激する作用が高いと考えられています。

1日に必要とする成人の水分量は、体重1kgあたり0.5ℓだそうです。
例えば体重が50kgの人なら、2.5ℓの水分が必要ということになりますね。
仕事が忙しかったり、外出が多くなったりなどの理由から、ついつい水分を摂ることを
忘れてしまいがちになってしまうかもしれませんが、必要な水分量を十分に摂取するよう
心がけましょう。

ただし、腎臓疾患や糖尿病、高血圧などの病気治療中の方は、水分の取りすぎには注意が
必要な場合もあるので、主治医に相談してから行うようにしてください。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
2009/06/28(日)
便秘解消 コメント(0)

浣腸は非常手段

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘の状態が長引いてしまうと、そのあいだに腸内にたまった便の水分が、腸壁からどんどんと
吸収されてしまい、便がますます硬くなってしまいます。
最悪の場合、便が肛門近くでガチガチに固まってしまい、栓をしたような状態になって出口を
ふさいでしまうこともあります。
こういう状態になってしまうと、もういくらがんばっていきんでも、最終手段としての便秘薬(下剤)
を使っても、排便はできなくなってしまうでしょう。
このような時は、非常手段として浣腸を使うのが効果的です。

浣腸は、一般的にはグリセリンを主成分とした液状の薬剤ですが、これを肛門から注入します。
市販品としても購入することは可能で、有名なのは”イチジク浣腸”です。子供向けから大人向け
まで販売されていて、容量も10g~40gまであります。
浣腸は、便秘解消法としては一番即効性があり、浣腸液を注入することで腸粘膜が刺激されて、
浣腸後は数分で排便されます。

このように浣腸は、苦しい便秘を一気に解消することができますが、2~3日程度お通じがない
からといって、むやみに使用するのは避けましょう。
浣腸を繰り返していると、それがクセになって浣腸しないことには排便できなくなったり、
逆に直腸の粘膜が過敏になって、1日に何度もトイレに行かなくてはならなくなることもあります。
また、人によっては浣腸が効きすぎてしまい、下痢が続いてしまうことにもなります。

便秘解消のためには、まずは腸を刺激するような適度な運動やマッサージ、食事の改善などを
してみて、浣腸は何をやっても駄目なときの非常手段としましょう。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
2009/06/24(水)
便秘解消 コメント(0)

下剤

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘でつらいからといって、薬は最終手段として使いたいですが、便秘が何日も解消されず、
お腹が張って痛くなったり、頭痛やめまいなどの症状まで現れると、どうしても薬に頼りたく
なってしまいますね。

便秘の薬といえば、真っ先に下剤が頭に浮かぶかもしれませんが、下剤にも色々な種類があり、
使い方を間違えると、体力が落ちたり、便秘が習慣化したりとかえって悪影響もでてきますので、
注意が必要です。

一般的に言う下剤とは、腸の運動を活性化させることで便などの排泄を促進させるための薬や、
便をやわらかくする薬のことをいいます。便秘の時によく使われるので「便秘薬」ともいわれています。
下剤はその効果の強さによって、緩下剤(かんげざい)と峻下剤(しゅんげざい)の2種類に
分けられます。

緩下剤(かんげざい)は、その作用が比較的弱めで、緩やかな下剤のことです。
現在、薬局などで便秘薬として市販されたり、病院で処方される下剤のほとんごがこの緩下剤に
なります。弛緩性の便秘は、腸のぜん動運動が低下して起こりますが、こういうタイプの便秘には
効果が期待できます。けいれん性便秘は腸の運動が過敏になり起こる便秘ですが、このタイプには
使用できない下剤もありますので、自分で勝手に判断しないで、医師や薬剤師などに相談してからの
服用をおすすめします。

峻下剤(しゅんげざい)は、下剤の中でも最も作用が強い下剤です。
効果は比較的短時間(2~6時間)で現れますが、下痢や腹痛なども起こしやすくなります。
また、常用することによって習慣性も起きやすい下剤なので、必ず医師や薬剤師に相談のうえ服用
しましょう。

いずれにせよ、便秘のタイプや症状によって薬の効果は違ってきますので、正しい知識を身につけて
きちんと使い分けましょう。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
2009/06/20(土)
便秘解消 コメント(0)

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。