スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
--/--/--(--)
スポンサー広告

便秘の原因


1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

女性にとって、多くの方が便秘は”永遠のテーマ”だと感じているのではないでしょうか?
便秘気味だという人も含め、およそ4割を越える人が便秘だと答えているという、
女性を対象にした調査での調査結果が出ています。

このように、日常的にもよく耳にする便秘ですが、はっきりとした定義というものはないのですが、
一般的に3~4日以上便通がないものを便秘と呼んでいます。
しかし、毎日便通があったとしても便の量が少なく、腹部膨満感・便の残留感・食欲不振・頭痛・
腹痛などの症状がある場合も便秘と言えます。
つまり、排便・便通に不快感を伴うものは便秘といってしまってよいでしょう。

便秘を解消するためには、まずはどうして便秘になるのかを、知っておきましょう。
主な便秘の原因には、水分不足や食物繊維不足、腹筋の筋力低下、排便の我慢、ストレス
などが挙げられます。

水分不足
正常な便の70%~80%は水分といわれています。体内の水分が不足すると、便の水分も
吸収されてしまって便が硬くなり、排便がしづらくなり便秘を起こします。

食物繊維不足
食物繊維が便のかさを増やしてくれることで腸を刺激して、腸壁の筋肉が伸びたり縮んだりする
”ぜん動運動”を活発にさせ排便を促してくれます。また、食事の量そのものが少ないと便の量
自体も減り、腸への刺激もぜん動運動も弱まり、便秘になりやすくなります。

運動不足
運動不足により腹筋が弱まることで、腸のぜん動運動も弱くなってしまいます。また、腹筋は便を
押し出す力のためにも必要です。

便意のがまん
直腸に便がたまるとその刺激で便意が起こります。便意を感じた時に忙しいなどの理由で、
我慢してしまうことが度重なると、直腸がだんだんと刺激になれてしまい、便秘になってしまいます。

ストレス
自律神経の副交感神経は、腸のぜんどう運動を左右しますが、この自律神経がストレスによって
乱れてしまうことで、ぜん動運動も乱れて便秘を起こします。規則正しくない生活や睡眠不足なども
ストレスとなります。

その他
病気やケガが原因で便秘を起したり、薬の副作用での便秘もあります。
スポンサーサイト
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。