スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
--/--/--(--)
スポンサー広告

浣腸は非常手段

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘の状態が長引いてしまうと、そのあいだに腸内にたまった便の水分が、腸壁からどんどんと
吸収されてしまい、便がますます硬くなってしまいます。
最悪の場合、便が肛門近くでガチガチに固まってしまい、栓をしたような状態になって出口を
ふさいでしまうこともあります。
こういう状態になってしまうと、もういくらがんばっていきんでも、最終手段としての便秘薬(下剤)
を使っても、排便はできなくなってしまうでしょう。
このような時は、非常手段として浣腸を使うのが効果的です。

浣腸は、一般的にはグリセリンを主成分とした液状の薬剤ですが、これを肛門から注入します。
市販品としても購入することは可能で、有名なのは”イチジク浣腸”です。子供向けから大人向け
まで販売されていて、容量も10g~40gまであります。
浣腸は、便秘解消法としては一番即効性があり、浣腸液を注入することで腸粘膜が刺激されて、
浣腸後は数分で排便されます。

このように浣腸は、苦しい便秘を一気に解消することができますが、2~3日程度お通じがない
からといって、むやみに使用するのは避けましょう。
浣腸を繰り返していると、それがクセになって浣腸しないことには排便できなくなったり、
逆に直腸の粘膜が過敏になって、1日に何度もトイレに行かなくてはならなくなることもあります。
また、人によっては浣腸が効きすぎてしまい、下痢が続いてしまうことにもなります。

便秘解消のためには、まずは腸を刺激するような適度な運動やマッサージ、食事の改善などを
してみて、浣腸は何をやっても駄目なときの非常手段としましょう。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
2009/06/24(水)
便秘解消 コメント(0)

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。