スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
--/--/--(--)
スポンサー広告

便秘と妊娠

妊婦

女性の2人に1人は便秘に悩まされていると言われていますが、妊娠中の女性も
この中に多く含まれています。
妊娠をする前までは便秘とは全く無縁で過ごしてきたという方も、妊娠が進むに
つれて便秘がひどくなるという場合もあります。
では、どうして妊娠中は便秘になりやすいのでしょうか?

その原因は色々とあるのですが、妊娠中は女性ホルモンの一つの黄体ホルモン
(プロゲステロン)の分泌が活発になることが、大きな原因の一つに挙げられます。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は受精卵が着床しやすいように、子宮内膜の状態を
整える働きを持っています。そして妊娠したのちは、プロゲステロンが胎盤から
分泌されるようになり、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するよう働きます。
それが腸を動かす筋肉にも影響を及ぼすことで、腸のぜん動運動も抑制し、
便が出づらい状態になってしまうのです。
また、妊娠が進むにつれ、成長する胎児に合わせてどんどん大きくなっていく
子宮が腸を圧迫することでも、ますます腸の動きが鈍くなり、結果的に便秘に
なりやすくなってしまいます。

そのほか、出産に対する恐怖等からくる精神的ストレスや赤ちゃんを気遣って
いきみづらかったり、運動不足もまた便秘の原因となります。

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、特に便秘解消の薬などは飲まないようにし、
毎日の適度な運動や食事内容の見直しなどで、上手く乗り切っていきましょう。
朝、起きてすぐにコップ1杯の水を飲むだけでも、腸の動きを活発にしてくれ、
自然な便意を誘発してくれます。また、水分は便そのものを柔らかくすることにも
なるので、水分を十分に摂ることは大切です。

天然だからお腹に優しい ~ 今、ネットで大人気!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





スポンサーサイト
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘と女性ホルモンの関係

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘は女性の大敵ですが、便秘で悩む人の約9割は女性と言われていることからも
わかりますよね。
それでは、どうして女性に便秘が多いのかというと、女性ホルモンが影響している
からなのです。

女性ホルモンは卵巣から分泌されているホルモンで、2種類あり、エストロゲンと呼ばれる
卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがあります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は女性らしさのための女性ホルモンです。
卵胞が発育しだす思春期頃から分泌量が多くなり、女性らしい体を作っていきます。
妊娠に備えて子宮の内膜を厚くしたり、受精卵の着床を助けたりもします。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠のための女性ホルモンです。
受精卵が着床しやすいように子宮内膜の状態を整え、妊娠したあとは、
妊娠を維持する役目を持っています。

そして便秘に影響するのは、この黄体ホルモン(プロゲステロン)のほうです。
黄体ホルモンの分泌によって、体内への水分や塩分の吸収は活発になります。
そのため、大腸の腸壁からも盛んに便の水分が吸収され、便が硬くなってしまい
排便しにくい便にしてしまうのです。また、腸のぜん動運動を抑制します。
黄体ホルモンの分泌が活発になる生理前に便秘になるのは、こういった理由
からでもあります。

このように女性ホルモンのバランスから起こる便秘は、病気ではありません。
どちらのホルモンも女性には必要なのです。
正しい知識をもって、なるべくなら便秘解消するための薬などは使わず、
食事の改善や運動、マッサージなどで乗り切りたいですね。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘と腸内環境

1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘を解消するには、便のかさを増やし柔らかくすることが大切なのですが、
それでは、便とは一体なにでできているのでしょう?

正常な便は、約80%が水分で、残りの約20%が固形物です。そして、その
固形物の半分は食べ物のカスで、残りの半分は腸内細菌です。
では、その半分を占めている腸内細菌とはなんでしょうか?

実は便を育てているのは、この腸内細菌なのです。
人の腸内にはおよそ100種類以上、約100兆個もの腸内細菌が存在し、
そのバランスによって腸内環境を左右しています。
そしてその腸内細菌のうちの約20%が乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌で、
約10%は大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌、残る70%はどちらにも属さない
日和見菌となります。この日和見菌とは、善玉菌が優勢な時には善玉菌に、
悪玉菌が優勢になれば悪玉菌に加勢する菌です。

健康な人の腸内は、悪玉菌が増殖することを善玉菌が抑えることで、腸内の
バランスを一定に保っています。腸内で悪玉菌が増えると、タンパク質や
アミノ酸などの分解が促進され、アンモニアなどの有害物質が発生します。
これにより腸の活動が低下して便が硬くなり、便が腸内を移動する時間も長く
なってしまい、便秘が起こりやすくなります。

善玉菌を増やし腸内環境を健康的に保つことで、便秘になりにくい柔らかな便が
作られていくわけです。
乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれます。
味噌やしょうゆ、漬物や納豆などの発酵食品はビフィズス菌を増やす働きを
持っています。
また、乳酸菌の好物であるオリゴ糖、米、麦、豆類を摂ることも有効的です。
これらの食品を積極的に食事に取り入れ、腸内の善玉菌を増やすことで、身体の
内側から便秘解消の手助けをしましょう。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

便秘の原因


1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・

女性にとって、多くの方が便秘は”永遠のテーマ”だと感じているのではないでしょうか?
便秘気味だという人も含め、およそ4割を越える人が便秘だと答えているという、
女性を対象にした調査での調査結果が出ています。

このように、日常的にもよく耳にする便秘ですが、はっきりとした定義というものはないのですが、
一般的に3~4日以上便通がないものを便秘と呼んでいます。
しかし、毎日便通があったとしても便の量が少なく、腹部膨満感・便の残留感・食欲不振・頭痛・
腹痛などの症状がある場合も便秘と言えます。
つまり、排便・便通に不快感を伴うものは便秘といってしまってよいでしょう。

便秘を解消するためには、まずはどうして便秘になるのかを、知っておきましょう。
主な便秘の原因には、水分不足や食物繊維不足、腹筋の筋力低下、排便の我慢、ストレス
などが挙げられます。

水分不足
正常な便の70%~80%は水分といわれています。体内の水分が不足すると、便の水分も
吸収されてしまって便が硬くなり、排便がしづらくなり便秘を起こします。

食物繊維不足
食物繊維が便のかさを増やしてくれることで腸を刺激して、腸壁の筋肉が伸びたり縮んだりする
”ぜん動運動”を活発にさせ排便を促してくれます。また、食事の量そのものが少ないと便の量
自体も減り、腸への刺激もぜん動運動も弱まり、便秘になりやすくなります。

運動不足
運動不足により腹筋が弱まることで、腸のぜん動運動も弱くなってしまいます。また、腹筋は便を
押し出す力のためにも必要です。

便意のがまん
直腸に便がたまるとその刺激で便意が起こります。便意を感じた時に忙しいなどの理由で、
我慢してしまうことが度重なると、直腸がだんだんと刺激になれてしまい、便秘になってしまいます。

ストレス
自律神経の副交感神経は、腸のぜんどう運動を左右しますが、この自律神経がストレスによって
乱れてしまうことで、ぜん動運動も乱れて便秘を起こします。規則正しくない生活や睡眠不足なども
ストレスとなります。

その他
病気やケガが原因で便秘を起したり、薬の副作用での便秘もあります。
1日7秒”あること”をするだけの薬に頼らない便秘解消法があるのですが・・・
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。